ドローンについて

無人小型飛行機のドローンが、その役割や趣味の幅を広げるものとして注目されています。今回は、そのドローンについての特徴を紹介します。ドローンは、独自の使用ルールに基づき、安全に扱っていただきたいです。この記事が、ルールを守ったドローン操作について参考になれば幸いです。

ドローンは、遠隔の操作で飛行が可能です。改正航空法での縛りがあるものですが、ドローンの重さにより、その制限に該当するか否かという判断になります。ドローンの本体が200グラム以内であれば、飛行機タイプのラジコン飛行機と変わらない扱いでドローンを飛ばすことが可能です。人が多い場所や空港から近い場所などは避ける必要がありますが、飛行計画などの提出は特に必要はありません。それとは反して、200グラムを超える機体のドローンを所有する場合には、国土交通省への飛行計画の提出が必要です。機体を安全に飛行させるために、事前にドローンの知識を増やしたり、事前の点検業務をしたり、定期的な点検業務をしたりすることで安全な飛行することが可能です。

さらに、ドローンを仕事に役立てることもあります。農薬の散布をしたり、空中撮影をしたりということをするドローンもあります。GPS機能を装着したドローンだと、運行飛行の操縦をドローン自身が対応できるので、人の手で操作する煩わしさがありません。この技術を利用して、ドローンによる配達事業も行っています。このように、ドローンは趣味で飛ばす方から業務で飛ばす方まで、幅広く人々の暮らしに役立っているといえますね。