空中撮影

ドローンは、空中撮影が得意です。最近のドラマや映画のワンシーンの中には、ドローンで撮影したような空中撮影のシーンが含まれています。これらのシーンは、まるで視聴者自身が空を飛びまわっているかの雄大な映像を楽しむことができます。この空撮をするためには、国土交通省への飛行ルートへの許可を取ることが必要です。まず、国土交通省から発行されている無人飛行機の飛行マニュアルを確認しましょう。この案内に沿って対応すれば、安全なドローン飛行ができます。

機体は、飛行前には必ず点検を行いましょう。また、飛行20時間ごとの点検も忘れないようにしましょう。そして、実際の飛行を始める前にテスト飛行をすることも忘れてはなりません。左右への機体移動、前後への移動、ホバリングなど、ドローン飛行に重要な飛行技術は多くあります。

機体の重さが200グラムを超えている場合には、航空法の適用がされます。飛行前に国土交通省への許可を申請するようにしましょう。飛行場所も都心部や空港の近くを避けるなどの配慮が必要ですので、事前に良く調べて、ドローンでの空中撮影を楽しんでみてください。ドローンによっては初心者でも扱いやすいので簡単に行うことができます。安全に気を付ければ、快適な空中撮影を楽しむことができます。